認知症ワンポイント|グループホーム青葉台|認知症対応型共同生活介護|横浜市青葉区

認知症ワンポイント

介護のアドバイス

認知症の方とのコミュニケーションや介護について、わかりやすくお伝えします。※全文を読むでPDFファイルが表示されます。

第1回 アイコンタクト

~目は口ほどにモノを言う~ 認知症の方とコミュニケーションを図る時、介護者は単に言葉をかけるだけでなく、意識的に顔の表情や声の調子、話し方、態度など・・・
全文を読む(PDF)

第2回 伝わるように伝える(1)

~然るべき場所で~ 認知症は進行とともに、箸で食べる・歯を磨く・トイレに座る・手を洗うなどの生活動作が・・・
全文を読む(PDF)

第3回 伝わるように伝える(2)

~モデリング~ アイコンタクトによる言葉かけや然るべき場所を設定しても、「伝わらない」場合も・・・
全文を読む(PDF)

第4回 伝わるように伝える(3)

~ウェイティング~ 介護の現場ではスタッフが先を急ぐあまりに、こんな場面を見かけることがあります。・・・
全文を読む(PDF)

第5回 親しき仲にも礼儀あり

 ~ご利用者への呼称~ 認知症の方は主に記憶障害があり、新しい記憶から忘れるという特徴があります。・・・
全文を読む(PDF)

第6回 リロケーションダメージ

 認知症の方は家の住み替えや施設入所によって、身近な物的環境(家屋、部屋等)や人的環境(人間関係)が急激に変わると、大きなストレスを・・・
全文を読む(PDF)

第7回 気持ちを和らげる関係づくり(1)

~思いに応える~ ご利用者と接する時には常に、その方の思いに応えるべく、共感しようとする姿勢が大切です。・・・
全文を読む(PDF)

第8回 気持ちを和らげる関係づくり(2)

~言葉を繰り返す~ 認知症の方は記憶障害や見当識障害 があるため、現実との”ずれ”が起こりやすく、不安や焦り、怒りなどを訴える・・・
全文を読む(PDF)

↑ このページの上へ

グループホーム青葉台

TEL.045-981-6900
〒227-0054 横浜市青葉区しらとり台3-9【地図】
施設長 山本 忠弘(認知症介護指導者・介護福祉士・介護支援専門員)

さらに詳しく

↑ このページの上へ